「悪の女幹部フルムーンナイト」

オススメエロゲ  悪の女幹部フルムーンナイト

 

こんにちはフミです。
今回は「悪の女幹部フルムーンナイト」の感想をまとめていきたいと思います。
「悪の女幹部フルムーンナイト」はブランド「ルネ」が出している作品になります。
そういえばブランド「ルネ」といえば、今年の12月にも「女剣士」を凌辱するエロゲを出すみたいなので楽しみですね!
今回プレイした「悪の女幹部フルムーンナイト」は下っ端の主人公が、上司の悪の女幹部たちに下剋上しながら「お仕置きH」をしながら「堕としていく」エロゲです( `ー´)ノ

突如目覚めた能力「エンブレム・スティール」イカせた相手から、力の根源の「月の紋章」を奪う能力を駆使して、悪の女幹部たちへの復讐をしていく話ですが、別に暗い部分はないです。

 

むしろギャグ要素に全振りですね(・ω・)

あと実用度は絵が好みなら全然いいともいます!

 

前作の「悪の女幹部「この私にオシオキだと?!ふざけるな!」」に様々な「シナリオ」や「要素」などが追加されたのが「悪の女幹部フルムーンナイト」です。

 

「悪の女幹部フルムーンナイト」では、前作になかった「追加ストーリ」「新規ヒロイン」「各ヒロインのEND後の後日談」などが追加されているので、前作プレイ済みの人でも十分楽しめますね(・ω・)ノ

 

前作のシナリオも全て収録さているので、購入するなら「悪の女幹部フルムーンナイト」で大丈夫です。

ゲーム情報

「悪の女幹部フルムーンナイト」

悪の女幹部フルムーンナイト 廉価版

ブランド
発売日
2015年11月20日
ジャンル
お姫様・くノ一・メイド・ラブコメ・変身ヒロイン・姉・妹・巫女幼なじみ・水着
対応OS
Windows Vista/7/8/8.1 日本語版

 

ストーリーあらすじ

 

女幹部たちの度重なる敗北に、さすがの女王ルナルバース13世も怒り心頭。
しかもこれっぽっちも反省の色を見せない幹部たちに、女王の忍耐力はついに限界を迎える。
「……地獄じゃ、お主らはいっぺん地獄を見ないとわからんようじゃ! そう! 地獄の合宿特訓じゃ!!」
幹部たちを鍛え直すために強化合宿を行うことを決定する。

そして地球の海にやってきたG・ルナリアムご一行。
「実は特訓とは名ばかりのバカンス旅行!?」 と色めき立つ一同だが、そこに一人の老婆が現れる。
それは元月狼族の族長、セレーナのご先祖様であるヘカテリーナだった。
かつての最強戦士によって、女幹部たちへの地獄の特訓が開始される。

そこへ今度は宿敵・十五夜つきみ&まりあ姉妹も現れた。
主人公・カツマから合宿の情報を聞いていたまりあが付いてきてしまったのだ。
都合よく(?)現れた宿敵を見て不敵に笑う女王ルナルバース13世。
「シルバスターを倒して合宿の成果を見せるがよい! だが負けたら全員お仕置きじゃからな」

女幹部たちはシルバスターを倒せるのか? そもそもまじめに特訓する気はあるのか?
かくして、海を舞台に戦いの火蓋は切って落とされた!

 

悪の女幹部フルムーンナイト - デモムービー

 

 

 

プレイ感想

 

プレイ感想の最初の一言目は!

THEエロゲ!!でした(笑)

 

シナリオは、最初から最後まで「明かるいバカばかり」でした(笑)

 

主人公が、突如目覚めた能力エンブレム・スティールを使って、「悪の女幹部」をどんどんお仕置きをしていくゲームなんですが、本当に笑えます(・ω・)

 

主人公が女幹部たちにお仕置きイベントをするには条件があります。

上司の女幹部にお仕置きをする条件は、敵のヒーローに負けさせることです

 

このゲームは、タイトル通り悪の女幹部がヒロインのゲームなんですが、もちろんヒーロー側にもヒロインがいます。

 

そのヒーローに負けると主人公が、悪の女幹部たちにお仕置きと生じてエッチな事をしていくんですが、その負けさせるやり方が面白いです(笑)

 

主人公が、日常パートで女幹部の弱点を集めて、相手のヒーロー「まりあ」に「悪の女幹部」の弱点をどんどんばらして「悪の女幹部」達の不利な状況を作り出します。(笑)

 

もちろん、弱点を突かれた悪の女幹部は敗亡していくんですが.…

 

そうなんです、このやり方はまさに…

 

マッチポンプなんです!!

 

ちなみに、日常パートで情報を集めずに終わるとゲームオーバーになって主人公がお仕置きされるイベントに.…
負けた「悪の女幹部」に、主人公がお仕置き(エッチな事)をしてどんどん堕としていきます(*´ω`*)
お仕置きHで、呼び出すたびにどんどん主人公デレていく姿は可愛いもんです(*´ω`*)
「各ヒロインのEND」はすべて暗いものは一つもなく、この作品らしいなーって感じるENDばかりでした。
今作の追加要素で、前作の各ヒロインのEND「後日談」が追加されているので、前作プレイでも楽しめます。
物語のその後が楽しめるのポイントが高いですね!

攻略ヒロイン数も8人と多いいのでシーン数もかなりのボリュームになっていますね
気軽に遊べる内容になっているので是非プレイしてみてください

シナリオはコメディ色が強いので、何も考えずにプレイしたい人におススメです!

ダウンロード版購はDMMがススメ!

 

 

 

Twitterでフォローしよう

合わせて読みたい記事