【屈辱2| BISHOP】 エロゲ プレイ感想

屈辱2 | BISHOP【エロゲ プレイ感想・レビュー】 

 

こんにちは、サイトに来ていただきありがとうございます。

 

9月に発売した、ブランド【BISHOP】の「家属~母と姉妹の嬌声~ 」をプレイをして【BISHOP】のファンになった管理人です。

 

 

ほんとに「家属~母と姉妹の嬌声~ 」は、自分の好みで「エロく」「抜ける」作品でした( `ー´)ノ

 

久しぶりにエロさだけで、ファンになりました(笑)

 

 

 

 

今回は、【BISHOP】の過去作の一つ「屈辱2」を新たにプレイが完了したので、その感想をまとめていきます。

 

 

「屈辱2」も、当然エロく!!抜ける実用性のある作品でした。

 

ただ「屈辱2」は少しタイプが違ったので、好み的には「家属~母と姉妹の嬌声~」の方が好きですね(・ω・)ノ

 

 

作品情報

 

作品名;屈辱2
ブランド名;BISHOP
定価:税込¥9,680
ジャンル:学園人体操作凌虐アドベンチャー
原画:水島☆多也/赤木リオ/相川亜利砂/saxasa
シナリオ:麿/大津菜美/紺乃瑞樹/高橋冷夢/小沢裕樹

フミ
体験版のダウンロード先リンクになります。

 

屈辱2 エロゲ プレイ感想

 

初めてプレイした「家属~母と姉妹の嬌声~」は、父親の再婚相手の「義理母」と「連れ子の娘」を、調教していくシナリオでした。

 

今回のプレイした「屈辱2」は、主人公が人を操る能力を使用して、ターゲットのヒロインを次々に「陵辱・調教」していきます。

 

基本は主人公が、「陵辱・調教」なので、ほかの男に犯させるみたいなシチュエーションはありません。

 

実用面も、ものすごく高評価なゲームでした(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

ここまでエロい尻を見た事はありますか!!

 

このシチュは嫌がる紗雪を無理矢理、能力を使い動けなくしたところで尻KOKIですよ(O_O)

 

 

先にプレイした「家属~母と姉妹の嬌声~」は、どっちかというと最初に精神的にヒロインたちを囲って、堕としていくスタイルでした。

 

それに、各ヒロインのENDは割と明るめのものが多く、特に何も考えずにエロを楽しめました。

 

 

「屈辱2」は能力で相手を操る(肉体のみ)事ができるので、それを使用してどんどん堕としていくイメージなんですが、

 

「家属~母と姉妹の嬌声~」の時と違って、ヒロインの精神面は壊す感じ?です(

 

 

少し鬼畜プレイ(管理人は嫌いとはいっていない)だなーと思ったのが、

無理やりイラマをしている時に、主人公が口に尿をだすHシーンは、なかなか興奮しましたね!

 

「屈辱2」では、精神的に追い込みながら肉体的にも陵辱していくスタイルが強めになっています

 

 

 

無理やり「イラマ」して最後に口内に「放尿」する鬼畜プレイとか、むっちゃドストライクなシチュでした(-_-)

 

 

今回プレイした「屈辱2」もエロさに関しては、まじで実用的なシーンばかりで、鬼畜寄りだっただので、好きな人にはお勧めできるヌキゲーではないでしょうか( `ー´)ノ

屈辱2」は最初から肉体を操り、「陵辱」「調教」をしていくので、少しハード面とボテ腹ENDでは割と精神をやられているヒロインもいました(笑)

 

ハード面が好みなら「屈辱2」がストライクだと思います。

 

 

 

ヌキゲー(実用的)がやりたいなら、このブランド作品はまじでオススメです!

他の過去作も、財布に余裕ができたら買っていきたいですね(笑)

 

ここまで読んでいただきありがとうございます!

 DL購入・中古はこちら

駿河屋

おススメのエロゲ

Twitterでフォローしよう

合わせて読みたい記事